銀輪の渡り鳥~日本一周編~ ホーム » スポンサー広告 » ツーリング »山中引き回しの巻

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山中引き回しの巻  

はい、それじゃ今日からは通常の更新行きますよ-。

前回までのはなんだったんだ? とか聞かれても答えられないのでご了承下さい。

今日は5時に起きて自転車仲間と合流後、もはやお馴染み千本松原へ。

ここから土肥という場所まで海岸沿いを走り

その後伊豆半島の中に入って峠をいくつか越えて帰ってくるという予定でスタート。

前回訪れた大瀬崎海岸を1時間程で通過し

このまま平坦な道が続くのかと思ったら結構いい上りに突入。

息を切らせながらなんとか上り切る。

その後、一気に下って身体を存分に冷やした後、もっかい上る。

途中の展望台的な場所でカメラを持った老紳士に声をかけて頂いて少し話した後

地図を見ると、どうも土肥までは距離がある上に

どうもかなり上るような感じなので、戸田から修善寺方面に向かう事に。

そしてまた下って身体を冷やす。

戸田のコンビニで補給&休憩後に戸田峠を目指して出発。

最初は2%位の上り坂を喋りながら上ってたんだけど

徐々にその勾配がきつくなっていき、気付けば9%。

息も絶え絶えに前方を見ると遙か山の上に道路が見える。

あぁ、あそこまで上るのか。と心がへし折れる。

14%位の坂道を真冬に汗をボタボタ垂らしながら必死に上り

瞽女(ごぜ)展望地の駐車場で一休み。

ここで先程、展望台で声を掛けて頂いた老紳士と再会。

労って頂くも、俺の汗まみれの姿に軽く引いていたような気がするのはきっと気のせい。

で、冬用ジャージが汗でビショビショになったので上着を脱ぎ

上半身裸になって休憩。

その後、ある程度休んだところで再出発。

峠を越え、修善寺に入り、出発地の千本松原方面に。

が、正直道がよくわからず、川沿いを下流に向かって走ったり

マラソン大会中と思われる中学(?)の先生に道を尋ねたりしながらなんとか沼津港へ。

なんとかいうラーメン屋さんでとんこつラーメンを食べる。

尚、とんこつラーメンに限り替え玉無料だったので二回ほどおかわり。

美味かった、ここ最近まともなとんこつラーメンを食っていなかったので尚更美味く感じた。

また行く。

そのくせ店の名前押さえていないとかどういう事だと我ながら思う。

膨れた腹をさすりながら千本松原に駐めた車に自転車を積み込み

帰りに温泉で身体を温めてから自転車仲間を自宅まで送って帰宅。

走行距離:85km
累積標高:1300m

ところで、登山とかしてる人が使う累積標高を自転車乗ってる人は獲得標高と呼んでたりするんですが

自分がこの言葉を一番最初に知ったのは登山絡みなので登山基準で行きます。

「自転車」日本一周ブログだけど。








さて、戸田から修善寺に向かう途中にあった瞽女展望地。

そこにあった……看板? に書いてあったのが以下の文です。

温かい伊豆の山々でも春の雪は悲しい物語を残しています。
三味線をひき、歌を唄い踊る盲目の旅芸人をごぜと言った。
ごぜの一行の足は遅く、この峠の道で大雪に遭い凍えて死んだと言う。
雪が消えて村人が見つけ、きのう三味線を引き歌を唄って一夜を楽しませてくれた、ごぜさんの哀れななきがらをねんごろに葬ってやったと言うごぜの塚が今もある。
そして村人は旅人の安全を祈って、ここに「ごぜ観音」を祭ったと言う。
盲目の身で厳しい芸を修め女の歓び哀しみを越えて生きた芸道の祖として芸事が上達すると伝えられ、芸能人の信仰が厚いと言う。


恥ずかしい話ですが正直、瞽女さんという存在すら知らず

ふと興味を覚えたので帰宅してから軽く調べてみました。

それについてはご存知の方もいらっしゃるでしょうし

興味を持った方は調べてみてもいいかも知れません。

ただまぁ、自分の知らない事なんて色々とあるなぁ、と改めて思い知らされまして。

自分の知らない事なんて山のようにあるし、全てを知る事など不可能ですけど

せっかく日本一周するんですし各地の郷土とかを調べてみるのもいいかも。

なんて思ったので書き綴っておきます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方はクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

category: ツーリング

thread: ロードバイク

janre: スポーツ

tb: 0   cm: 3

コメント

マエダさん冗談とか、何か狙っているとそういうのは抜きで本当すごいですね!!\(^o^)/
僕はずーっと乗っていなかったので最近はトレーニングっぽく、往復40~50kmで標高400m未満を上って下るだけの
コースを週2くらいで走ってますが満足というか満身創痍な感じになります。
(この場合は、累積標高は400mになるのかな?)

気になったので文字をルートラボにて再現してみたのですが、
大瀬崎~戸田間にゆるめに2発と本命の戸田峠となかなかにハードですね。
こんなメニューをこなせるなら今のところ2014組の最年長とは言いつつ、体力は最年少じゃないですか?(笑)

あと、お一つ質問ですがSNSされてないのにどうやってタリジさんにアポとれたんですか?
タリジさんもマエダさんもtwitterしてなかったような?

たけも #v4EGoeQ. | URL
2014/01/30 08:55 | edit

>たけもさん

>マエダさん冗談とか、何か狙っているとそういうのは抜きで本当すごいですね!!\(^o^)/
僕はずーっと乗っていなかったので最近はトレーニングっぽく、往復40~50kmで標高400m未満を上って下るだけの
コースを週2くらいで走ってますが満足というか満身創痍な感じになります。
(この場合は、累積標高は400mになるのかな?)

お褒め頂きありがとうございます!
しばらく乗っていなかったのであればLSDトレーニングなんていかがでしょう?
基礎体力の向上やら回復能力の向上やら、ゆるさの割に良い事ずくめですよ!

累積標高は総上昇距離なので、上って下るだけなら400mで合ってますね。
というかその場合は獲得標高も同じ400mですね。

>気になったので文字をルートラボにて再現してみたのですが、
大瀬崎~戸田間にゆるめに2発と本命の戸田峠となかなかにハードですね。
こんなメニューをこなせるなら今のところ2014組の最年長とは言いつつ、体力は最年少じゃないですか?(笑)

体力もそうだといいですけど、精神年齢なら間違いなく最年少ですよ!(笑)

>あと、お一つ質問ですがSNSされてないのにどうやってタリジさんにアポとれたんですか?
タリジさんもマエダさんもtwitterしてなかったような?

出発を知った際、タリジさんのブログに書き込んだ後
タリジさんが返事としてこちらのブログに「管理者にだけ表示を許可する」方法で書き込んで頂き
その際にメールアドレスを教えて貰って後はメールでやり取り→携帯電話の番号を教えて通話という正直時代の流れに乗れてない感じの手段で合流しましたー!

マエダ #9L.cY0cg | URL
2014/01/30 13:24 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/01/30 13:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ginwata.blog.fc2.com/tb.php/73-6b7c38fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カレンダー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。