銀輪の渡り鳥~日本一周編~ ホーム » スポンサー広告 » 【1日目~5日目】山梨→静岡→愛知 »【2日目】まぁ、そんな気はしていた《2014/03/18》

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【2日目】まぁ、そんな気はしていた《2014/03/18》  

2日目!

正直、タリジさんとの話のネタの為に泊まった面もある健康ランドの仮眠室で6時起床。

そのまま出発してもよかったけど、高い金払ってんだからと朝から露天風呂。

なんか全体的にうっすらと曇っていて、遠くの方が見えないけど気持ちよく入浴してから

深夜料金1050円を追加で支払って健康ランドを出る。

ここで荷物を積み直した際、帽子がない事に気づき支払いの時に落としたかとフロントに確認するも

返事は「無かった」との事。

んじゃ、昨日どっかで落としたかーと出発して早々の落とし物に肩を落とす。

まぁ、凹んでいてもいい事ないので気を取り直して7時に出発。

朝食は、どっかでスパゲッティでも茹でるかーと考えるが

すぐ先に清水港があった事を思い出し、出発。

本日は磐田市の友人……というか色々とお世話になっている方のところに顔を出すつもりで

以前京都まで行った時の距離から計算して90km程の距離を走る予定。

ところで、相手の方が年上だったりお世話になりまくってたりすると

友人なんて書いたら失礼なんじゃ……とか思ってしまうのは俺だけですかね?

021.jpg
浜松まで93kmだが、道が違うのであまり参考にならず

022.jpg

制限5.8mとあるけど、そんな高さのある貨物とかあるんだろうか?

023.jpg

そしてそのわずか100m程先に、4.9mの制限があるんだが

さっきの通れてこっち通れない場合はどうしたらいいんだよ!

と、この道を通る度に頭の中で突っ込んでいた事をようやく吐き出す。

いやでも本当、どうするんだろうね?

024.jpg
028.jpg

清水港に着き、写真撮り、さーて飯食うかーとお店に向かうも営業しておらず。

あぁ、そういや10時からとかだっけ? と自嘲気味に笑って通り過ぎる。

なんか今更パスタ茹でる気にもならず、昨日出発時に貰った補給食を朝食に。

補給食ってこういうんじゃなかった気がするけど、感謝しつつ頂く。

国道の脇にある歩行者道と自転車道に分かれた道を走ってると高校生に頑張って下さいと言われる。

031.jpg
029.jpg
032.jpg

少し走ったところにある清水ドリームプラザのヨットハーバー。

観覧車とか、小さい子供向けの遊園地的な物がある。

033.jpg

謎のモニュメント。

リンゴ……? とか思って近づく。

034.jpg

かすりもしない。


043.jpg
044.jpg
次郎長宅跡の碑。

ここから、海沿いを行くんだけど、通勤時間という事もあり、双方の為にも歩道を走る。

基本的に通勤時間帯は走らないようにするつもりだったが、2日目からこんなんですよ。

045.jpg

日本平、ツーリングで行かなければ寄るつもりだったが

あの時、行っておいて良かったと思う。

この自転車で上りたい坂じゃないよ、常時9%とか。

049.jpg
050.jpg

三保の松原から。

雲があって、そもそも富士山がどこだか分からない。

057.jpg
059.jpg
神の道。

ここで、海沿いに出ようとするが、工事やってたので住宅街を抜け

その後、やや迷ってからなんだかんだで海沿いへ。

061.jpg
062.jpg
063.jpg
067.jpg

向かい風に吹かれながら海沿いをひたすら走る。

ここを走っていて気づいたんですが

この自転車、重量の為か横風には結構強い。

ロードならハンドル取られるレベルでも、びくともしない。

が、面積の為だろうが向かい風には滅法弱い。

全然速度が上がらない。


どっかで水分補給したいなー、と思っていたので一番最初のコンビニへ。

069.jpg

ついでにおにぎり。

夏場のツーリング時によく飲んでるけど、1lで105円って悪くない値段ですよね。

ボトルに入れ、残った分はその場で飲み干し、出発。

071.jpg

ここを左に曲がって大崩海岸へ。

072.jpg
ちょっと走ってると前方になんか怪しい雲。

まさか降らないよなー、と思いながら走りつづけると前方に大崩海岸の看板となんか他にも看板が。

074.jpg
目にした物を信じたくないので、近寄って確かめる。

075.jpg

大崩海岸って言っても崩れすぎだろ……

(これブログ書いてる時に気づいたんですが、左曲がって~の写真に通行止めって写り込んでますね。
もっとも、気づいたとしてもどこの事だか分かりませんが。)

通れない物は仕方ないので、先ほどの道をまっすぐ走る為に引き返す。

後にして思うと、ここから今日の受難が始まりました。

引き返してすこしするとポツポツと雨が降り出しますが、すぐに止む。

で、左折した道を焼津方面に向かって走っているとまたしてもポツポツと降ったり止んだり。

嫌な天気だなー、と思いながら走っていると前方に「この先自転車通行できない」という看板が。

マジかよ……と立ち尽くしているとタイミングよく強く降り始める雨。

レインジャケットとレインパンツを身に纏い、わずかに戻ったガソリンスタンドで

焼津方面に行くにはどうしたらいいか訪ねる。

やはり、大崩海岸の通りを行くのが本来のルートらしいが前述の通り通行止め。

自転車だと国道一号線を通らないといけないらしく、更に途中から旧道通らないといけないらしい。

お礼を言って国道一号方面に向かっていると益々強くなる雨。

うっかりしていて、昨日天気予報を確認するのを忘れていたが

一昨日の時点の予報だと今日は曇りだったので友人には今日行くと伝えてしまった。

元々、雨の日は走らないつもりだったので今日はどこかで停滞し

顔を出すのは明日にさせて貰おうかと携帯を取り出すとメールが。

開けてみると「17時半には帰れる事になった」との事。

……行くっきゃねえ!

土砂降りの雨の中、必死扱いてペダルを回す。

一号線をまっすぐ行けば磐田まで最短のようだが、それだと早く着きすぎるし

当初の予定通り、海沿いを走るべく焼津方面に。

が、元々こんな所を走る予定なんて全くなかったのでいまいち道が分からず

標識等を見落とさないよう気をつけながら走る。

そして、昼食を焼津港で食べようと思っていたが途中で焼津まで保たないだろうとコンビニでおにぎりを一個。

なんとか焼津にたどり着き、海沿いを走る。

雨は降ったり止んだりを繰り返すが、降る時は決まって強い雨。

カメラが取り出せないので写真も撮れず、防水カメラ買った人達は正解だなーと思う。

自分もサブ機として防水コンデジを持ってきたが、バッグの底なので今更取り出す気にならず

この後、更に凄まじい向かい風によって全力でペダル踏み込んでも時速6kmの表示に笑ったり

橋の上でとんでもない横風に煽られて倒れそうになったりしつつなんとか150号線に入るが

どうも無理をし過ぎたらしく、ちょっとふらつくのでコンビニで

コーラとパン、ボトル用ドリンクを購入し、再度走り出す。

この時点でかなり遅れており、メールでのやり取りで19時近くなると連絡。

ここからはもう必死ですよ。

相変わらずの向かい風に吹かれながら、雨が降ったり止んだりする中、ひたすらペダルを回す。

辺りが暗くなり、ライトを点けて走る。

ちなみにスタート前は、夜間は走らないつもりだったのに、2日目にしてこの有様。


しかし、雨が降る夜の道を友人との約束の為に走る。

ここだけ切り取れば俺すげー格好いいな。とか思ってた辺りに無駄な余裕を感じた。

やってる事はただの馬鹿だけど。

で、なんとか磐田市内に入り、記憶を頼りに友人宅にたどり着き

労いの言葉を頂き、寒いだろうとお風呂まで頂き、上がると友人の奥様の美味しい夕食をご馳走になる。

おまけに衣服を洗濯して頂いたりと至れり尽くせり。

もう本当に、ありがとうございます。

その後、しばらくお喋りし、就寝。


本日の出費
飲食費:682円

本日の走行距離:143.5km
総走行距離:255.6km


ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は1日1回クリックお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

category: 【1日目~5日目】山梨→静岡→愛知

thread: 自転車旅行

janre: 旅行

tag: 自転車  日本一周  静岡 
tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/03/19 15:35 | edit

Re: タイトルなし

本気で何言ってんですか!(笑)

マエダ #- | URL
2014/03/20 08:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ginwata.blog.fc2.com/tb.php/116-2d39354a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カレンダー

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。